Naoko Aoki

青木菜穂子

ジョー・パワーズ & 青木菜穂子

Jacaranda en Flor

ハーモニカのジョー・パワーズと、ピアノの青木菜穂子。タンゴやモダン・フォルクローレといったアルゼンチン音楽を中心に演奏してきた両者のデュオ演奏集。

アメリカ出身のジョー・パワーズは、タンゴハーモニカ奏者であるウーゴ・ディアスに強く影響を 受け、実際にアルゼンチンに渡って本格的にハーモニカを習得した経歴を持つ。ハーモニカ音楽であれば何でも演奏してしまうほどのテクニ シャンだが、ここ数年は特にアルゼンチン音楽に情熱を注いでいる。 一方の青木菜穂子は、ブエノスアイレス市の市立タンゴ楽団に参加など、日本人タンゴ奏者という枠を大きく超えて、本場で活躍してきたピアニスト。ソロ活動のほか、タンゴ楽団「オルケスタ・アウロラ」のバンドマスターとしても活動している。近年はタンゴに留まる事なく、フォルクローレ方面の音楽も吸収し、モダン化されたサウンドを響かせている。

このデュオの活動は2008年に始まり、アルゼンチン音楽の他に、ジャズやクラシックなどの様々な要素を取り入れ、このデュオならではの音楽を作り上げてきた。これまでアメリカ、カナダ、ヨー ロッパ、日本など、世界各地で演奏をしてきたデュオが、初共演から6年をかけて熟成させてきた音楽の、満を持しての録音。